ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルグロン
馬コード : 118123 / 父 : ゴールドシップ / 母 : マイネヌーヴェル / 牡 / 美浦・高橋祥泰
2021年6月18日(金)
マイネルグロンは、美浦に滞在中。右前の球節の腫れは落ち着きました。高橋祥調教師は「ひねるなどした一過性のものだと思われます。明日から騎乗を再開していく予定です」と述べていました。
2021年6月16日(水)
マイネルグロンは、美浦に滞在中。今週の出走を予定していましたが、16日(水)の朝、右前の球節がもやもやしたため出走を見送ることになりました。高橋祥調教師は「今朝、予定していた追いきりは取りやめました。レントゲン検査の結果、骨に異状は認められていません。どちらかというと繋靭帯の方でしょうか。球節周り全体に疲れが出ている感じです。もう少しこのまま様子を見たうえで今後の予定を検討していきます」と述べていました。
2021年6月11日(金)
マイネルグロンは、美浦で調整中。今週は坂路で15-15を行いました。高橋祥調教師は「疲れは感じられず、順調に乗りこめています。これならば来週の出走を視野に入れられますね。優先権利がないので確実に入る保証はありませんが、来週、19日(土)東京の芝1800mへの出走を視野に入れていきます」と述べていました。
2021年6月4日(金)
マイネルグロンは、美浦に滞在中。レース後、特に問題なく馬場入りを再開しました。高橋祥調教師は「先週は他のレースのタイムを見てもかなり特殊な高速馬場だったのでは、と思います。この馬には不向きでした。幸い、使った反動はありませんし、このまま次走を目指して調整していきます。東京開催での出走を視野に入れていて、具体的な番組は検討中です」と述べていました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
資料請求
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.