ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルラクスマン  
馬コード : 117125 / 父 : ロージズインメイ / 母 : マイネエカテリーナ / 牡 / 美浦・金成貴史
2020年10月1日(木)
マイネルラクスマンは、真歌で調整していましたが、左前の屈腱部が大きく腫れてしまいました。検査を行った結果、屈腱炎が判明しています。損傷率は約20パーセントで、再発のリスクが高いとみられています。この状況を踏まえ、金成調教師と協議した結果、「回復に時間を要す見込みで、その後も以前のようなパフォーマンスを取り戻せる保証もない」との見解もあり、引退させることになりました。温かなご声援をいただいたことに感謝申し上げます。
2020年9月25日(金)
マイネルラクスマンは、真歌トレーニングパークで調整中。場長は「中間は5ハロン70秒程度の追いきりを行いました。このタイムならもう少し楽に動ける馬ですが、今回は促していく必要がありましたね。良化途上ですが、良くなってきているのは間違いありません。このまま負荷を強めていきます」と述べていました。(9月20日現在の近況)
2020年9月11日(金)
マイネルラクスマンは、真歌トレーニングパークで調整中。場長は「坂路での乗り込みを進めています。中間は1本、こちらへ戻って初めての追いきりを行いました。気合をつけないと進んでいかないところがあり、時計が出ませんでしたね。引き続きトレーニングを進めていきます」と述べていました。(9月6日現在の近況)
2020年8月28日(金)
マイネルラクスマンは、真歌トレーニングパークで調整中。場長は「8月19日に真歌へ移動しました。浦和での昼夜放牧を切り上げて、トレーニングを再開したところです。放牧地でのんびり過ごせて、馬体もふっくらしています。リフレッシュできたようで、これからトレーニングを進めていきます」と述べていました。(8月21日現在の近況)
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.