ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルサーパス
馬コード : 116101 / 父 : アイルハヴアナザー / 母 : マイネアクティース / 牡 / 美浦・高木登
2018年10月12日(金)
マイネルサーパスは、美浦に滞在中。レース後は軽めのメニューで体調が整えられています。高木調教師は「まだまだ精神面に課題が残りますが、前走の内容からは潜在能力の高さを感じます。特にテンションが高くなったということもありませんので、レースの疲れが残らなければ続けて使っていきたいと思います。次走については、もう少し様子を見ながら検討していきます」と話していました。
2018年10月8日(月)  
出走日 開催地 レース コース 距離 騎手 着順
2018/10/8 東京 3R 2歳未勝利 
1800m 柴田大知 1着
柴田大知騎手「返し馬で1頭になるとまったく動かなくなり、他の馬が走りながら近づいてくるとつられて一緒に走り出そうとします。繊細で我が強い、と言いますか、ちょっとした物事に過敏に反応し、納得するまで動こうとしなかったりします。今回で3戦目ですが、その気性は変わっていなさそうでしたので、気をつけて乗りました。レースではスタートが良くてスピードがあり、自然と前へ行きます。そのまま気分を害さないように運びました。抜け出した途端、ブレーキをかけた前走を踏まえ、早めに先頭に立たないようゴーサインは控えていたのですが、エンジンが良くて馬なりのまま先頭に立ちそうに。外から2着馬がきたので、馬体を併せていきました。それからもおかしな動きをされても対処できるよう全開では追わず、ハミをかけながら乗っていたのです。しかし、先頭に立った後、内のゴール板を見て驚いたのか、予備動作なしにいきなり外へ切れてしまいました。懸命に対応しようとしたのですが、2着馬に迷惑をかける結果に。申し訳なく思います。それでも結局、集中しきらないまま先頭でゴールしたように、確かな能力の持ち主です。今後が楽しみですよ。こういう形になってしまいましたが、難しい気性の持ち主のこの馬をきっちり仕上げてくれる厩舎の努力には頭が下がります」

高木調教師「調教でも1頭では不安定な面を見せるので、パートナーをつけて対応しているように難しいところがあります。前走後、チークピーシーズ、パシュファイアーなど視界を遮る馬具を使って矯正を図りましたが、かえって逆効果。何もつけずに競馬へ臨みました。結果、特性を理解している騎手が抜け出すのをギリギリまで我慢していたにもかかわらず、ゴール板に物見。他馬に迷惑をかけてしまいました。それでも騎手が評価するように力があります。その力を発揮できるよう、引き続き調整していきます。今後については現段階では未定。テンションを含め、あがった様子を見て検討していきます」
2018年10月5日(金)
マイネルサーパスは、10月8日(月)東京3R・2歳未勝利・芝1800mに柴田大知騎手で出走します。高木調教師は「前走後も順調に調整を進めることができています。今回も良い状態でレースに臨むことができるでしょう。ただし、この馬の場合、前走を見てもポイントは精神面です。ブリンカーなどを使用することも考えましたが、気性を考えると逆効果になる可能性があり、今回は使用せずにレースに臨みます」と話していました。
2018年9月28日(金)
マイネルサーパスは、美浦に滞在中。普段のメニューに戻してからも順調です。高木調教師は「2戦を消化しましたが、疲れなどは見せていませんし、元気に与えられたメニューを消化できています。10月6日、東京の芝2000m、もしくは、8日、東京の芝1800mを目指して進めています」と話していました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
資料請求
出資予約
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームツイッターはこちらビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集
携帯サイト
携帯サイトでラフィアンの情報がご覧いただけます。


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.