ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルキラメキ  
馬コード : 115123 / 父 : ステイゴールド / 母 : マイネトゥインクル / 牡 / 美浦・和田雄二
2021年4月28日(水)
マイネルキラメキは、ビッグレッドファーム鉾田で調整していましたが、右前球節周辺の腫れが治まらないため、繋靭帯のエコー検査を行いました。結果は、膝裏の基部と下の枝部ともに損傷がみつかっています。場長は「症状は重く、回復には時間を要する見込み。再発のリスクも高いとのことで厳しい診断でした」と述べていました。そこで、状況を調教師に伝えて協議を行った結果、和田雄調教師の「ずっと悩まされてきた繋靭帯炎ですし、今回も復帰にはかなりの時間を費やすことになるでしょう。また、最近のレース内容は休養明けから使いつつ徐々に良くなっていたとはいえ、以前のような良いパフォーマンスを取り戻すまでには至っていませんでした。この状況でまた休養に入って立て直すとなると厳しいように思います」という見解も踏まえ、誠に残念ですが、登録を抹消し、引退することになりました。
温かいご声援ありがとうございました。
2021年4月23日(金)
マイネルキラメキは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。ウォーキングマシンによる運動のみのメニューで管理しています。場長は「右前の球節はなかなか腫れが治まりません。歩様は問題ないものの、もう少し注意を払っていく必要があります。当面はこのままの管理を続けていく予定です」と述べていました。
2021年4月16日(金)
マイネルキラメキは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。ウォーキングマシンによる運動のみのメニューで管理しています。場長は「問題の右前球節では、まだ完全に炎症が治まらずに腫れが残っています。とはいえ、跛行はしていませんので、腫れが引き次第、トレッドミルへ移行していく予定です」と述べていました。
2021年4月9日(金)
マイネルキラメキは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。ウォーキングマシンによる運動のみのメニューで管理しています。場長は「右前深管を痛めているとのことでしたが、現時点で歩様は問題ありません。一方、右前球節に腫れがあって触診すると痛みもあります。捻挫の症状と思われますので、当面はこのままの管理で様子を見ていきます」と述べていました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
資料請求
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.