ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルパラディ
馬コード : 114153 / 父 : スクリーンヒーロー / 母 : ロワージ / セン / 栗東・吉田直弘
2021年9月17日(金)
マイネルパラディは、栗東に滞在中。次走へ向けて進めていましたが、16日(木)の障害飛越練習の際に、騎手より右前の歩様の違和感を指摘されました。吉田調教師は「球節を触診すると反応があり、エコー検査を行ったところ、靭帯に損傷はないものの関節液がたまっているとのことでした。楽をさせれば回復に向かう見込みですが、障害を使う馬ですし無理はさせたくありません。鉾田へ出してひといきいれたいと思います」と述べていました。近日中に移動予定です。
2021年9月10日(金)
マイネルパラディは、栗東に滞在中。レース後、特に問題なく馬場入りを再開しました。吉田調教師は「疲れは感じられずこのまま次走を目指していきます。現時点では得意な新潟を目指すつもりです。10月9日のオープンの直線芝2850mが候補です」と述べていました。
2021年9月5日(日)  
出走日 開催地 レース コース 距離 騎手 着順
2021/9/4 新潟 4R 障害オープン (混)
3250m 熊沢重文 4着
吉田調教師「騎手は『3、4コーナーが抜群の手応えで、いけるんじゃないかと思いましたが、最後は甘くなってしまいました。飛越は安定していましたし、馬が自信を持って飛んでいるのがわかりました。力をつけているのだと思います。この感じなら本場の高い障害もいけるのではないでしょうか』と言っていました。頑張ってくれたと思いますし、なにより安定して好走できるようになったのがいいですね。折り合いもつくようになってきました。この後は、レース後の状態をよくみて予定を検討していきます」
2021年9月3日(金)
マイネルパラディは、9月4日(土)新潟4R・障害オープン・芝3250mに熊沢重文騎手で出走します。吉田調教師は「新潟コースは障害の高さや間隔などがあっているようで、飛越が安定しています。今回は乗り替わりになりますが、鞍上には中間の調教から騎乗して感触をつかんでもらっています。距離延長に一抹の不安はあるものの、新潟コースなら対応してくれるでしょう」と述べていました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
資料請求
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.