ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルバールマン
馬コード : 114103 / 父 : ジョーカプチーノ / 母 : クリスビーナス / 牡 / 美浦・栗田博憲
 2019年2月15日(金)
マイネルバールマンは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。引き続き、軽い曳き運動を行いながら蹄葉炎の経過が観察されています。主任は「中間、39.4度まで体温が上がり、食欲が落ちました。トレセンの入院馬房に滞在していた際に腸炎を起こして、その治療のために点滴を行っていたときに発症した右首の静脈炎による腫れが広がっており、この炎症の影響と思われます。解熱剤を投与して体温は落ち着いてきました。その後、静脈炎の腫れから排膿したので回復に向かってくると思われます。蹄葉炎に関しては、中間は特に変化はない状況です」と話していました。
2019年2月8日(金)
マイネルバールマンは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。引き続き、軽い曳き運動を行いながら蹄葉炎の経過が観察されています。主任は「中間も大きな変化はありませんが、蹄葉炎はいつ症状が急変してもおかしくない病です。引き続き、蹄葉炎の回復を促しながら注意して管理していきます」と話していました。
2019年2月1日(金)
マイネルバールマンは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。軽い曳き運動を行いながら蹄葉炎の経過が観察されています。主任は「先日、患部の状態を確認するためにレントゲン検査を行いましたが、蹄葉炎に進行は見られませんでした。ただし、まだ安心できる状態ではないため、引き続き現在の管理を粘り強く続ける必要があります」と話していました。
2019年1月25日(金)
マイネルバールマンは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。主任は「中間も軽い曳き運動を行いながら経過を観察中。急に悪化することがないとはいえない状況ですが、現在は蹄の状態は安定しているように感じます」と話していました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームツイッターはこちらビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集
携帯サイト
携帯サイトでラフィアンの情報がご覧いただけます。


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.