ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルラフレシア
馬コード : 113119 / 父 : ジャングルポケット / 母 : フライングメリッサ / 牡 / 美浦・高橋裕
 2021年1月22日(金)
マイネルラフレシアは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路で乗りこまれています。場長は「寒さに少しずつ順応できてきたようで、飼い食いが良くなり体も徐々に戻ってきました。そこでこの中間からまた坂路を上っています。まだ乗り出して間もないので軽めのペースで騎乗中。問題ないようならまた少しずつペースアップしていきます」と述べていました。(1月17日現在の近況)
2021年1月8日(金)
マイネルラフレシアは、6日(水)に浦和から真歌へ移動しました。場長は「放牧中、飼い葉は食べているものの体はガレ気味に。寒さがこたえているのかもしれません。そこで、昼夜放牧をいったん切り上げて、トレッドミルや日中のみの放牧で運動させて様子を見ることにしました」と述べていました。(1月6日現在の近況)
2020年12月25日(金)
マイネルラフレシアは、ビッグレッドファーム浦和に滞在中。昼夜放牧をしています。場長は「ここにきて両後肢がむくみがちです。放牧地で1日の大半を過ごす生活に替わって寒さが応えているのかもしれません。それでも元気はありますし、このままの管理を続けていく予定です」と述べていました。(12月20日現在の近況)
2020年12月18日(金)
マイネルラフレシアは、真歌へ到着し、翌12日(土)に浦和へ移動しました。昼夜放牧を始めています。場長は「輸送の疲れはなく、元気にしています。ただ、北海道へ移動してきて寒さはこたえている様子ですね。徐々に順応してくることでしょう」と述べていました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.