ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルトワイス
馬コード : 115128 / 父 : ディープスカイ / 母 : マルティプライ / 牡 / 美浦・尾関知人
2017年8月11日(金)
マイネルトワイスは、ブルースターズファームに滞在中。昼夜放牧しています。怪我や熱発などもなく、中間も順調な放牧生活です。主任は「跛行は見られませんが、右トモの筋肉が少し落ちている印象。当初は8月中旬くらいには騎乗が始められる見込みでしたが、もうしばらく様子を見ていきたいと思います」と話していました。(8月7日現在の近況)
2017年7月28日(金)
マイネルトワイスは、坐骨の骨折の経過は良好で、ブルースターズファームに移動して昼夜放牧が始められています。主任は「放牧地の歩きを見るかぎり、坐骨の骨折の影響は感じられませんね。今後も順調であれば、8月中旬くらいには騎乗が始められる見込みです」と話していました。(7月24日現在の近況)
2017年7月14日(金)
マイネルトワイスは、真歌トレーニングパークに滞在中。サンシャインパドック付きの馬房で管理されています。引き続き坐骨の骨折の経過を観察しています。主任は「現在は運動制限をしていますが。痛みが引いたタイミングでウォーキングマシンによる運動を始めます」と話していました。(7月10日現在の近況)
2017年7月7日(金)
マイネルトワイスは、態勢が整ったことを受けて、6日(木)美浦に向かって真歌トレーニングパークを出発。馬運車のなかで立ち上がって何度か転倒して、何か所か擦過傷が認められました。このまま輸送するのは危険との判断から、真歌トレーニングパークに戻っています。主任は「擦り傷は大したことはありませんでしたが、お尻のあたりを痛がっていたので7日(金)に検査を行ったところ、坐骨の右側に骨折が見つかりました。転倒した際に打ち付けてしまったのでしょう。自然治癒を待つしかない箇所です。痛みが取れて跛行が治まればウォーキングマシンによる運動や放牧が可能です」と話していました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
資料請求
出資予約
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームツイッターはこちらビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集
携帯サイト
携帯サイトでラフィアンの情報がご覧いただけます。


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.