ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルユキツバキ
馬コード : 115106 / 父 : アイルハヴアナザー / 母 : カメリアビジュ / 牡 / 美浦・高木登
2017年10月20日(金)
マイネルユキツバキは、18日(水)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。高木調教師は「次走は11月25日のカトレア賞を視野に入れています。レース後も順調ですが、次走まで少し日にちがあるのでしばらく鉾田で調子えしてもらうことにしました」と話していました。
2017年10月15日(日)  
出走日 開催地 レース コース 距離 騎手 着順
2017/10/14 東京 9R 2歳500万下 (混)
プラタナス賞
1600m 柴田大知 4着
柴田大知騎手「芝の部分でダッシュがつきませんでしたが、ダートに入ってからは前走よりも行きっぷりがよかったですね。良い手ごたえのまま直線をむかえられました。ただ、馬群が密集していて、わずかにあった狭いスペースを突こうとしたものの、躊躇しているのかなかなか入っていけません。なんとか捌いてからは良い脚を使ったのですが間に合いませんでした。初めて馬群の中での競馬となりましたし、しかたのないところです。どこかでうまく外に出せればよかったのですが。まだもう一段階上のギアを持っているように感じますし、直線、スムーズでしたら、(勝馬は強かったにしても)2着争いには加われていたように思います」

宗方助手「パワータイプなだけに、できれば良馬場でやらせたかったですね。加えて枠も内で、外へ出せるチャンスがありませんでした。器用な脚を使えるわけではないので、ブレーキをかけずに加速する形が理想でしょう。与えられた条件の中ではよく頑張ってくれたと思います。次走については、厩舎に戻って様子をみてから検討しますが、申し込んだ地方交流重賞の北海道2歳優駿は入りませんでした。そうなると、番組は次の東京最終週のカトレア賞、ダート1600mあたりでしょうか。鉾田に短期間出すか、このまま在厩で進めるかはこれから考えていきます」
2017年10月13日(金)
マイネルユキツバキは、10月14日(土)東京9R・プラタナス賞・ダート1600mに柴田大知騎手で出走します。デビュー戦を見事に勝利で飾り、2戦目を迎えます。高木調教師は「入厩後は順調に追い切りを消化。先週はウッドコースで追い切って負荷をかけたので、今週は坂路で馬なりにとどめ、楽な手ごたえで終い1ハロンを12.3秒でまとめています。良い状態でレースに臨むことができるでしょう。前走が強い内容だったので、今回も楽しみにしています」と話していました。
2017年10月6日(金)
マイネルユキツバキは、美浦に滞在中。入厩後も順調に追い切りを消化できています。高木調教師は「今週の併せ馬による追い切りでも余裕のある動きで手応えも優勢でした。背丈が伸びて体もひと回り大きくなった感じがします。いいですね」と話していました。14日(土)東京のプラタナス賞・ダート1600mに出走予定です。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
資料請求
出資予約
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームツイッターはこちらビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集
携帯サイト
携帯サイトでラフィアンの情報がご覧いただけます。


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.