ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
ゲッカコウ
馬コード : 113136 / 父 : ロージズインメイ / 母 : チューベローズ / 牝 / 美浦・高橋義博
2017年3月17日(金)
ゲッカコウは、美浦に滞在中。前走後は順調に回復していて、中間も順調です。高橋調教師は「通常メニューに戻してからも順調。テンションの高さはいつものレース後と変わりませんし、来週のレースに対応可能でしょう」と話していました。26日(日)中山の常総S・芝2000mに出走予定です。
2017年3月10日(金)
ゲッカコウは、美浦に滞在中。前走後も順調で、すでに騎乗が始められています。高橋調教師は「勝てなかったのは残念ですが、前走は長くいい脚が使えるこの馬の良さが活きましたね。使った後もテンションの高さは許容範囲内。疲れなどを見せなければ、26日(日)中山の常総S・芝2000mを視野に入れて進めていきたいと思います」と話していました。
2017年3月5日(日)  
出走日 開催地 レース コース 距離 騎手 着順
2017/3/4 中山 10R 4歳以上1600万下 (混)
スピカステークス
1800m 松岡正海 3着
松岡騎手「前走のようにためれば脚を使える馬ですので、スタートして中団あたりからになっても問題ないとみていました。しかし、今日は1コーナーあたりで一気にペースが落ちました。このクラスとしてはかなり遅く、このままでは極端な瞬発力勝負になってしまう、と考え、しかもやや行きたがったこともあり、2コーナーの時点で早めに動いていこうと判断しています。以前にも中山で同じようなレースをして結果を残していますからね。向正面でうまく先頭に立ち、ちょうどよい形に持ち込めたと思います。それでも最後は切れる脚のある馬にやられてしまいましたが、こちらも最後まで踏ん張れました。このクラスでも展開などが有利に働けばチャンスがありそうですね」

高橋博調教師「この展開なら早めにポジションを上げていってほしいな、と思っていたところ、うまく動いていってくれましたね。頑張ってくれたと思います。今後は、次の中山開催1週めの常総ステークス、芝2000mあたりを目指していくつもりです」
2017年3月3日(金)
ゲッカコウは、3月4日(土)中山10R・スピカステークス・芝1800mに松岡正海騎手で出走します。適度にレース間隔をあけながらの出走で、良い状態が維持できているとの陣営のジャッジです。高橋調教師は「テンションの高さはこの馬にしては許容範囲内です。追い切りの動きは自身のレベルに達しているとジャッジ。力が出せる状態と見ています。最近は東京での好走が目立ちますが、中山でも結果を出しているのでコースが変わっても対応できるでしょう」と話していました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームツイッターはこちらビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集
携帯サイト
携帯サイトでラフィアンの情報がご覧いただけます。


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.