ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルポルトゥス  
馬コード : 112106 / 父 : ロージズインメイ / 母 : コスモボヤージュ / 牡 / 美浦・伊藤伸一
1 2017年8月29日(火)
マイネルポルトゥスは、前走で心房細動を発症しました。通常ならば時間を置けば細動は治まるのですが、美浦に戻ってからも細動が続いており、このまま競走生活を続けることが難しい状態です。獣医からは、強い薬物を使って治療するという選択肢もあるとの提案がありましたが、リスクが高く完治する保証があるわけでもありません。様々な要素を踏まえて協議の結果、このレースを最後に引退させることが決定しました。3年にわたる現役生活で25戦に出走し、これまで良く頑張ってきました。温かいご声援をお送りいただいたことに感謝申し上げます。
1 2017年8月26日(土)
マイネルポルトゥスは、8月25日(土)新潟8R・新潟ジャンプステークスJG3・芝3250mに大庭和弥騎手で出走し、2週目の向正面で心房細動を発症し、競走を中止しています。

大庭騎手「体が絞れるにつれ、稽古の動きが良化し、特に今週は絶好の反応だっただけに残念です。レースでは正面スタンド前でハミが抜けましたが、この馬は時々こうしてふわっとすることがあるので、今回もそうだろうと思ってハミをかけて促していったもののまったく反応がありませんでした。苦しそうに減速したため、2週目の向正面で止めています。こればかりは仕方ありません。馬は無事に引き上げてきていて、現時点では命に別状はないとのことでした。今後の予定は様子を見てから検討することになるでしょう」
2017年8月25日(金)
マイネルポルトゥスは、8月26日(土)新潟8R・新潟ジャンプステークスJG3・芝3250mに大庭和弥騎手で出走します。前走後はいったん鉾田に出ましたが、このレースを目標に順調に調整が進められてきました。伊藤調教師は「前走後、屈腱部がむくみ気味でしたが、その後はすっきりしていて、状態に問題ないことを受けて、このレースに臨みます。前走は上位争いに食い込むことはできませんでしたが、レース内容自体は悪くなかったと思います。具合が良さそうですのでさらなる前進を期待しています」と話していました。
2017年8月18日(金)
マイネルポルトゥスは、美浦に滞在中。入厩後も順調です。伊藤調教師は「屈腱部はもうすっきりした状態で、このまま進めていくことができそうです。26日(土)の新潟ジャンプSを視野に入れて進めていて、十分に態勢が整う見込みです」と話していました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
資料請求
出資予約
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームツイッターはこちらビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集
携帯サイト
携帯サイトでラフィアンの情報がご覧いただけます。


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.